スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MHP3 ガンナーの弾性能・ダメージ計算考察

みなさまこんにちは^^最近はイベントクエスト「恐暴の宴」に通い詰めている、
おしやんです。現在はヘビィボウガンを練習しています。しかし最初はメタメタに
やられまして><。くやしくて基本から勉強してみることにしました。

aisatu1.jpg

crear-time.jpg
         目標タイムは10分切り。・・は、ちょっと無謀かなw




クリティカル距離
まずはクリティカル距離です。平たく言うと、”弾の威力が1.5倍になる適正距離”
のことです。通常弾と貫通弾に設定されています。

ガンナーの知識としてはこれは必須事項です。常にこの距離を意識して立ち回り
ます。弾の種類によりクリティカル距離は違いますので、詳しくはwikiを参考に
されるといいと思います。また、より分かり易く解説してくれている動画も多数
ありますので、そちらもご覧なさる事をおすすめします。有志の方々に感謝!


critical.jpg
クリティカル距離(1.5倍)のエフェクト。ヒット音も派手で、周りに飛沫が
発生しています。

normal-hit.jpg
”普通”(1.0倍)のエフェクト。ヒットマークが少し小さく、飛沫はなし。

bad-critical1.jpg
”遠い”(0.8倍)のエフェクト。ヒットマークはさらに小さく、光が暗い。

bad-critical2.jpg
”弾かれ”(0.5倍)のエフェクト。ヒットマークは無く、ちょっと光る程度。
「カスッ」と、弾かれる音がします。





正直、ガンナーでプレイする上ではクリティカル距離を意識して立ち回れば問題ありません。あとは撃ちまくるだけです。しかし、更に踏み込んで最適なスキル構成を組み立てるには、ダメージ計算を理解する必要が出て来ます。


ここから先はテキストや計算式ばかりで楽しく無いので、折り畳みます。はっきり言って、つまらないですw^▽^;↓


ダメージ計算
複雑でよく分からないので、スルーしてきたダメージ計算式。でも本格的に
ガンナーを楽しむには、しっかりと理解しておきたいところ。



<ダメージ計算式>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


物理ダメージ:(0.01×弾威力×攻撃力×会心補正×速射補正×スキルによる補正
      ×飛距離補正×武器補正×肉質)
属性ダメージ:(0.01×属性威力×攻撃力×速射補正×スキルによる補正
      ×属性肉質)
総合ダメージ:{(物理ダメージ+属性ダメージ)の合計(端数切捨て)}×全体防御率

※ 飛距離補正と会心補正は別扱い
※ 会心攻撃:×1.25、会心マイナス攻撃:×0.75
※ 飛距離補正:クリティカル距離:×1.5、普通:×1.00、遠い:×0.8、
       弾かれ:×0.5
※ 武器補正はライト130%、ヘビィ148%

              ※MHP3wikiを参考にさせて頂きました。感謝!



  追加:会心補正の算出方法
     会心攻撃力の平均値は、下記のとおり。

   +会心 :(1+0.25×会心率÷100)
   -会心 :(1-0.25×会心率÷100)

   ex.会心率+30%の場合:(1+0.25×30÷100)=1.075
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





物理ダメージの計算式について
ここからはテキストが続くので、自問自答形式で手短に綴ります。

<ポイント1>火力アップに繋がるスキルは?

計算式を見れば分かりますが、物理ダメージには攻撃力会心補正が反映
されます。【攻撃力up】、【火事場+2】、【見切り+】、【痛撃】、全ての
スキルが火力アップにつながります。加えて飛距離補正が設定されている、
通常弾、貫通弾にはクリティカル距離が大切な事も分かります。

豆知識:【攻撃up大】と【見切り+3】。どちらの期待値が上か。
概ね攻撃力270以下では【攻撃up大】攻撃力270以上では【見切り+3】
良いとされています。


<ポイント2>物理計算式の、速射補正、スキルによる補正とは?

・速射補正
「速射」は一部のライトボウガンに備わっていて、速射に対応した弾を発射する
ことにより、一発の消費で自動的に規定数の弾丸を連射する。一発あたりの
威力は単発に比べ低くなっていて、 その連射時の倍率が速射補正値になる。
弾種により倍率は異なる。各倍率はwikiの「弾性能」を参照下さい。


・スキルによる補正
 【通常弾・連射矢UP】1.1倍
 【貫通弾・貫通矢UP】1.1倍
 【散弾・拡散矢UP】1.2倍
  発動スキルに該当する倍率がスキルによる補正になります。
  



属性ダメージの計算式について


<ポイント1>火力アップに繋がるスキルは?

属性ダメージの計算式に武器自体の攻撃力が反映されている。
属性特化ガンナーでも、【攻撃力up】や【火事場+2】スキルは有効です。



<ポイント2>属性弾に【見切り+】や【痛撃】スキルは有効か?

属性ダメージの計算式に会心補正は入っていない。よって属性ダメージに会心が
上乗せされる事は無い。
属性ダメージのみで考えれば【見切り+】や【痛撃】は
無効。

ただし、属性弾にも物理ダメージ(威力:7)があり、そこには会心が乗る。
なので会心ヒットはまったくの無意味ではない。参考:属性ダメージ(威力:45)無意味ではないが、やはり効果の程度から有効とは言えない。
下記に例を載せます。


ex.鳳仙火竜砲 (攻撃力:235)で【見切り+3】(会心補正:1.075)あり・
なしで火炎弾の威力比較※上位ベリオの頭にヒットしたと仮定(弾70%属性30%
全体防御率75%)

【見切りなし】
物理ダメージ:(0.01×7×235×1.0×0.7×1×1.0×1.3×0.7)×3 ≒31.4
属性ダメージ:(0.01×45×235×0.7×1×0.3)×3 ≒66.6
総合ダメージ:{(31.4+66.6)(端数切捨て)}×0.75≒73.5→73(端数切捨て)

【見切り+3】
物理ダメージ:(0.01×7×235×1.075×0.7×1×1.0×1.3×0.7) ×3≒33.8
属性ダメージ:(0.01×45×235×0.7×1×0.3)×3 ≒66.6
総合ダメージ:{(33.8+66.6)(端数切捨て)}×0.75≒75.0→75(端数切捨て)


【見切り+3】の威力上昇率は、75/73≒1.027・・約1.03倍になりました。
ベリオの頭部が弾70%と、物理ダメージの通りが良くてもこの程度の差
なので、平均的にはさらに効果が低くなると思います。



<ポイント3>属性弾に飛距離補正が設定されているか?

設定されていません(物理ダメージの分にもナシ)。なので属性弾にはクリティカル距離は存在しません。ちなみに散弾もクリティカル距離は存在しません。



<ポイント4>属性ダメージ計算式の、速射補正、スキルによる補正とは?

・速射補正
「速射」は一部のライトボウガンに備わっていて、速射に対応した弾を発射する
ことにより、一発の消費で自動的に規定数の弾丸を連射する。一発あたりの
威力は単発に比べ低くなっていて、 その連射時の倍率が速射補正値になる。
弾種により倍率は異なる。各倍率はwikiの「弾性能」を参照下さい。

・スキルによる補正
  【◯◯属性攻撃強化+1】1.1倍
  【◯◯属性攻撃強化+2】1.2倍

  【属性攻撃強化】1.2倍

 発動スキルに該当する倍率がスキルによる補正になります。
【◯◯属性攻撃強化+】と【属性攻撃強化】は重複させる事ができます。

ex.【◯◯属性攻撃強化+1】1.1倍×【属性攻撃強化】1.2倍=1.32倍
  



<ポイント5>属性弾の威力はヘビィorライトどちらが高い?

属性ダメージの計算式には武器補正が入っていないので、攻撃力が同じなら
ライト・ヘビィともほぼ威力は変わりません(物理ダメージ(威力:7)の方の
武器倍率が効いているので、実際は若干ヘビィが上回る)。




属性ライトボウガンの考察
人気の属性特化ライトのスキルを組むなら、どれが強いのか。

鳳仙火竜砲 (攻撃力:235)の火炎弾3連射(倍率70%)で、スキル
無しのとき、ダメージ:266(*肉質は弾・属性とも100%で計算)
これを基準に各スキルを組み合わせた火力アップ・ランキングです。

1位【◯◯属性強化+2】+【属性強化】+【速射】→486(1.827倍)
2位【◯◯属性強化+1】+【属性強化】+【速射】→450(1.692倍)
3位【◯◯属性強化+2】+【速射】→415(1.56倍)
3位【属性強化】+【速射】→415(1.56倍)
4位【◯◯属性強化+2】+【属性強化】→364(1.368倍)
5位【速射】→355(1.335倍)
6位【◯◯属性強化+1】+【属性強化】→338(1.27倍)
7位【◯◯属性強化+2】→311(1.169倍)
7位【属性強化】→311(1.169倍)


ダメージは肉質により変わりますので、カッコ内の倍率は一定ではありません。相対的な順位程度に見てやって下さい。

考察:【◯◯属性強化+2】や【属性強化】は勿論重要ですが、【速射】の効果が大きいです。連発数3発から4発・・。単純に33%up。当然ながらW属性
速射ライトが最高火力という結果なりました。


ただ【速射】は、射撃時間延長による被弾リスクも上がるので、素早い
モンスターに対しては使い辛い場面もあります。いつでもW属性速射ライトが
最適解になるとは限りません。それに属性弾は持ち込み数が少ないので、ソロ
ならば【最大数生産】の方が安定するケースもあります。最終的にはご自身の
スタイルに合うスキルの組み立てが大切です。その判断材料として、この
ランキングがお役に立てたなら幸いです。




弾性能まとめ

・通常弾や貫通弾は、クリティカル距離で威力が1.5倍になる。

・属性弾・散弾にはクリティカル距離は設定されていない。

・物理弾なら、スキル【攻撃力up】、【火事場+2】、【見切り+】、
 【痛撃】が有効。

・属性弾なら、スキル【攻撃力up】、【火事場+2】が有効。会心UP系は
 効果は低い。

・属性弾には武器倍率が乗らない(攻撃力が同じなら、ライト・ヘビィで
 撃っても威力はほぼ変わらない)。




あとがき


テキストだらけで読みづらい記事になってしまい、誠に申し訳ありません。

ただ、ガンナーは他の武器と違い、持ち込める弾が有限(与えられるダメージに
限りがある)なので、綿密なダメージ計算と、それに付随する膨大な予備知識が
必要だという事で、私の知る全てを書きました。(それにしても、ここまで
マニアックに書き連ねる必要はなかったのでは!?と反省はしています><;)



さて、再びヘビィボウガンを携えてクエストに向かうとします。その前に肉質の
確認と、適正弾の選択と、カツカツポーチに詰めるアイテムを厳選して・・。
そう、ガンナーの闘いは準備段階で既に始まっているのです!(キリッ
                      (by ヘッポコガンナー)

heppoko6.jpg

スポンサーサイト

テーマ : モンスターハンターポータブル3rd
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おしやん@

Author:おしやん@
性別:♂
出身地;栃木県
MH3Gキャラ:
1st.QUEST
2nd.Celes
3rd.ー

いろいろ拙いところもあると思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

※当ブログへのリンクはフリーです^^(コメントにその旨を頂けると幸いです)皆様と楽しく交流をして行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。